スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シン・ゴジラ』初見時感想

 こわい映画だった。
 ゴジラを見て怖いと感じたのは初めてだった。

 一度だけ、初代ゴジラのデジタルリマスター版を劇場で見たとき、少しだけ怖かった。
 夜の闇からゴジラが出てくるような気がしたが、一瞬後にはその感情はなくなった。

 もちろんビデオで見たことはあったが、こわいという感情は起きなかった。
 画面が小さかったということだと思う。

 それが、シン・ゴジラはこわかった。
 そこにゴジラがいるような気がして、映画館を出た夜の空を思わず見上げた。

 初代のゴジラは戦争の暗喩で、当時の人たちにとっては非常に身近な、切迫した状況を描いたものだと言われる。
 とはいえ、今の人間が見てもその感情を即座に理解(体感)するのは難しい。

 今回、東日本大震災はじめ様々な災害を経て、ようやくゴジラが「身近に」感じられたのかもしれない。


※この感想は初見時の感想をもとにまとめたものです。
スポンサーサイト

テーマ : シン・ゴジラ
ジャンル : 映画

それまでずっと主人公のサポートをしてきた人間大イェーガーがクライマックスで正義の心によって巨大化して敵怪獣と戦う展開が……ない?

 ※途中ネタバレあります。


 というわけでようやく映画『パシフィック・リム』を見てきました。
 感想書くのに1週間くらいかかってもういいかな……って気になりましたがせっかく書いたので公開します。


 さて、みなさん大絶賛なわけですが。
 なんかこう……そこまでノレなかったというか、すごいし面白いとは思うんですが「これこそ怪獣映画だ!」みたいな気分にはなれませんでした。やはり怪獣映画ではなくてモンスター映画ではないかと。

 これはもう完全に意見の相違というか、自分の中で「怪獣」「怪獣映画」をどう定義するかという問題になってしまうので、読み飛ばしてほしいんですが。
 要点だけ言うと、「自分は日本(特撮)の方式で作られてないと怪獣映画と認識できない奴」ということです。

 で、自分の中の「怪獣映画」っていうのは完全に見立ての世界なんです。
 画面を見てもあんまり世界が破滅したり人類が滅亡するようには見えないんだけど、でもそうなんだという。
 予算もそこそこだし、ミニチュア組んで着ぐるみ着て……となればどうしたって作り物っぽさが出てしまうけど、その制約の中でどこまで出来るか。そしてその結果できたもの、それが「怪獣映画」じゃないかなあと。
 巨大なセットたてて「世界」を丸ごと作ってしまうハリウッドとは違う、舞台の上で行われている感覚というか。

 それと、あまり論理的には言えないんですけど、この映画の「KAIJU」がなんか怪獣っぽくない。
 どうしてもハリウッド的「モンスター」の延長線上にあるというか。
 デザイン単体でみると確かに怪獣みたいなんですが、どこか違う。
 結局、日本では「妖怪」の歴史があって、その先にあるのが「怪獣」なんだけど、それに対して欧米では「悪魔」の歴史があってその先に「モンスター」があるのかなと。
 二次元的デフォルメ化を進めた日本の絵に描かれた「妖怪」と、写実を追求したヨーロッパの絵画に描かれた「悪魔」、当然その先にあるものは同じではない。
 日本の怪獣って絶対聖書には出てこないと思うんですけど、この映画のKAIJUは聖書に出てくるかもしれない。
 同じく実在の生物から換骨奪胎してデザインしても、やはり抜きがたい違いが出てくるのではないでしょうか。
 パーツパーツで見るとよくても、全体のバランスが「怪獣」を感じさせないというか。
 完全に印象なんですが。
 あと、後で詳しく触れますけど、やっぱり人間に倒されたら怪獣じゃないんじゃないかなあと。


 ということで自己紹介が終わったので、これからは映画の内容的なことについて書いていこうと思います。


 まず、全体的な印象について強く感じたのは「これはゴジラじゃなくてガメラだ」ということです。ガメラって、平成の方ですね。
 最初ゴジラを期待してたら全然違ってて、あれ……なんか……?って思ったんですけど、途中ガメラだと気づいてからものすごく楽しめました。半分くらい損してる。
 冒頭、ギロンが出てきた時点で気づけていれば……。

 で、ガメラなんですけど、ひいてはガイナックス的な世界だと。見ていて非常に『トップをねらえ!』だなあと思いました。
 リアリティーの持たせ方とかケレン味の部分ですね。過去作へのオマージュ、も勿論そうですが。
 怪獣映画というかロボット映画というか、『トップ』のハリウッド・リ・イマジネーションと考えると自分の中では非常に腑に落ちる感じです。


 次に、作中の「KAIJU」観について。
 怪獣=自然の象徴とする考えはよく言われていると思います。だから怪獣は人間には倒せないんだと。
 そうだとすると、人間(イェーガー)に倒されている作中のKAIJUはどうなんでしょう。
 欧米思想では自然をコントロール可能なものとするというのもよく言われているので、そういうことなんでしょうか。

 それともまた違うと思います。
 というのは、この映画のKAIJUって自然の象徴ではないんですよね。異世界人につくられたクローン、つまり人工テクノロジーの塊。
 だからロボットで各個撃破もできるし、核で異世界も滅ぼせる。

 自分が「KAIJU」を「怪獣」とするのに躊躇する理由の一つが、それなんですよね。
 つまり「KAIJU」は自然ではなく、自分に向けられた悪意の象徴なんです。この場合は、人類を滅ぼそうとする異世界人の悪意。
 それはどういうことかというと、9.11ではないかと。

 9.11以後、アメリカの思想が変わったというのもまた、よく言われていることです。外からの侵略という視点が生まれたという。
 それまでのハリウッドで巨大モンスターというと、巨大ではあるものの駆除可能な単なる「生物」だったのが、9.11を経て、通常の軍隊等などでは簡単に対処できないという属性を付加されたということではないでしょうか。

 ただ、その基になったのは自然ではなく人の悪意だった。
 異質とはいえ人なのだから、最終的には人の力で倒すこともできるのです。
 だから、見ていてピンとこないというか、全然違う思想で作られたものなんだなと。9.11と3.11の違い。

 ところで、それとはまた別に、「KAIJU」を自然の象徴と考えるとどうでしょうか。
 「KAIJU」は作られた存在なんだから、自然を作る……異世界人は、自然を作れる存在ということになります。
 つまり、神なんですね。
 その「神」を滅する、神殺しの思想が入っているとも言えるのかもしれません。
 いずれにしろ、キリスト教的世界観なのかなと思います。


 最後に、ラストの本多猪四郎とレイ・ハリーハウゼンへの賛辞。
 これがこの映画を一言で表しているというか、監督の考えがよく分かるなあと思いました。円谷ではなく、ハリーハウゼン……つまり「特撮」ではなく「VFX」なんですね。
 つまり、日本の特撮とは別の方向なんだと宣言してるのではないか。
 いろいろ参考にはしてるけれども特撮ではないよ、と。


 だから、この映画は日本の特撮には致命的だという人もいますが、かえって安心しました。
 全然方向性が違う。
 逆に、これでもうダメだ……と思って意気消沈するのがダメなのではないでしょうか。
 日本の怪獣映画、いろいろあって今作られてないんですけど、何とか復活してほしいなあと思います。

天装戦隊ゴセイジャー epic5 「マジカル・ハイド」

 敵がバイキンマン……!な回。
 でもシェー!ザンス!

 うーん、あの博士は怪しいと思ったんだけど。
 悪役かと思ったら普通に善玉だった。
 善いものにしては無駄にエロいと思うよ!
 というか変装って……。
 あと、新メカが出るのが早すぎると思った。

 それにしても、今回も懐かしい感じの作戦だった。
 懐かしい感じに見せて、実はこの後すごい展開が待ってるとか何だろうか。
 そのくらいはありそうな気がするけど……。

天装戦隊ゴセイジャー epic4「響け、天使の歌」

 オタ芸?な回。
 ロックなのに……。

 サポートロボ登場。
 何か懐かしい感じのやつだなぁ。
 80年代とか、そういう。
 目が石森っぽいからか?

 本編は特に言うことないんですけど、ただギンガマンでこういう話あったよなぁと。
 そういえば、子供がいるのとか、5人で館に居候とかもギンガマン風味だ。
 あとはモネが兄好き過ぎるとか、チープな各国の描写とかが良かったです。
 中国のイメージ、古代王朝かい。

 あとロボがいい!
 火噴くとは思わなかった!
 このロボ好きだなー。

天装戦隊ゴセイジャー epic3「ランディックパワー、分裂」

 なんとかなるなる!な回。
 夢原さん……?

 もう兄妹ケンカです。
 まだ3話なのに……。
 とりあえずの設定消化は前回までで終わったということか。

 それにしても、「ランディック族は頑固」とか、全部民族性(?)で説明していいんだろうか……。
 あとお父さんがいいキャラだった。

天装戦隊ゴセイジャー epic2「ファンタスティック・ゴセイジャー」

 敵が円盤生物……な回。
 アダムスキー型かい!

 今回はロボット登場編です。早くない?
 やけにあっさりと手に入ってしまったし……。
 もっとドラマがあってもよかったんじゃないの?
 ……と思ってたんですが、個別メカの戦闘がかっこ良かったんでよし。
 あれだけたっぷりやってくれれば満足です。
 何かみんな荒っぽい感じで面白かった。

 で、ロボットは脚の部分にちょっとびっくり。
 ぐねっと曲がってくっ付くのもありなのかと。
 半端なところで分かれるのはありなのかと。
 脚の部分は左右対称なイメージがあったので。
 とはいえ、何せ長いシリーズなので過去にはあったような気はします。
 でも技がロケットパンチにおっぱいミサイルっていうのはすごい。

 それにしても、あのカードはどうなんだろう。
 おもちゃを売らないと、っていうのでしょうがないんですが……。
 でも合体武器までカードっていうがなぁ。
 上辺がカードに埋め尽くされてるし。

 というわけで、今回は結構面白かったですね。
 前半は、昔の戦隊の途中の話みたいな感じだったけど。

天装戦隊ゴセイジャー epic1「護星天使、降臨」

 ご、護星戦隊……な回。

 今回は天使なんですね。
 でも見習い……。地球はそんな重要ではないということ?
 そして結構非情な感じです。
 子供だろうと容赦なく記憶を消すよ!
 いろんな種族がいるっていうのが面白いですね。

 敵について。
 まずボスの飯塚昭三にグッとくる。
 でも女幹部いないのか……。
 堕天使とか出てくればいいのに。
 あと塊のミゾーグの攻撃は、ギャグマンガでよくあるスキー場の雪玉ころがしだと思いました。

 今回面白かったところ。
 なぜ股覗き?
 JACのキャスト表示の量→戦闘員多すぎだろ!
 予告いきなり髭男爵か!→ひぐち君……。

 何か全体的にあっさりしてるような気がしましたが、これからどうなっていくのか、ということで。

仮面ライダーW 第12話「復讐のV/怨念獣」

 いきなりガイアメモリ売りに来たな……な回。

 フィリップの本棚で他人の精神と対話って……万能すぎるだろ……。
 一応、異常な状態にあるから可能、というふうにはなっていたけど……。
 で、そのときに現れたのが事故直後の姿。
 昏睡状態に陥る≒死ぬ直前の姿ですね。
 これはもう完全に幽霊のイメージだよなぁ。
 怨念、だし。
 デジタル(っぽい)空間にいる幽霊、という図が新鮮だった。
 ドーパントは妖怪っぽいんですけど。塗仏みたいな……。

 あと、婿がガイアメモリについて熱く語ってて、ちょっとマニアっぽいと思った。
 その割に研究結果については知らないと……。
 まぁ多分極秘事項だったからだろうけど、結婚したんだし教えてあげても……。
 それとも、まだ根幹に関わる部分についての情報を開示できるほど信頼されてない、ということなんだろうか。

仮面ライダーW 第11話「復讐のV/感染車」

 風邪のくせに軽装だな……な回。

 タイムリーなことに、今回の敵はウイルスです。
 放送中止になる可能性をちらっと考えるくらいタイムリーです。
 で、ウイルスドーパントかと思ったらバイラスドーパントですか。
 発音的には正しいのかもしれないけど……宇宙怪獣か!
 まさか大映(角川か……)からのクレームで放送中止になる可能性をちらっと考えることになるとは思わなかった。
 それにしても、車で轢いて感染させるってすごい発想だな。
 あと、本物のバイラスドーパントを見て、なんかクルマニクラスを思い出しました。

 そして今回はハードボイルド的にどうなの?という箇所がいくつか。
 病人に見張らせるとか。カツ丼が好物とか。
 バイクのナンバープレートも……(練馬ナンバーなのはご愛嬌ですね)。
 まぁ警察とも協力してるし、付けないわけにはいかないんだろうけど……うーん……。
 おもちゃでも再現されるんでしょうか。

仮面ライダーW 第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」

 スイーツドーパントって何か弱そう……な回。
 まぁ実際はあんなキモイのになるんですが。

 今回は園咲家が全面に出てきた感じですね。
 お菓子に関するサプライズだと思ってた館長が可愛い、とか。
 義父に殺されかけ嫁にDVされる婿が可哀相、とか。
 これは裏切るフラグだよなぁ……。
 あと、館長ってところでエターナルを思い出した。
 ケーキ+推理は名探偵こまちだし……(無理矢理関連付け)。

 ところで、これってヒロインの成長物語でもあるんでしょうか。
 ていうか唐突に真面目になった印象が……。
 あそこでおやっさんの面影を感じるのは苦しいですが。

カウンター
プロフィール

Author:田中
アニメ最貧国・秋田在住。視聴環境は主に衛星とソフト。
百合とか咲-Saki-とかガルパンとかプリキュアとか特撮とか。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。