スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュプリキュア!第21話「4人目のプリキュアはあんさんや!!」

 タルトの初仕事が盗みだとは……な回。
 3人とも大変なときだから、さすがに何かしら働くんだろうなと思ったらまさかこんなことが……。

 今回はもう徹底的にミスリードしてきましたね。
 タイトルバックから何から、4人目はミユキだ!と言わんばかりの展開。
 特に戦闘シーンとか、これはもう確実に覚醒するだろうという流れで……。
 でも「プリキュアの応援」で終わりました。

 考えてみれば、ミユキさんは「ダンスとプリキュアの両立はできない」とはっきり言ったわけです。
 これは3人の立場とは違うわけで、つまり絶対プリキュアにはならないということなのでしょう。
 その点、イース(せつな)はラブとメビウスという2つのものの間で揺れ動いているわけで、これはプリキュアになる可能性を暗示していると言えるのでは。
 2つのものを追い求めることがプリキュアである条件というか……。
 せつながプリキュアになったとき追い求めるものは何になるんだろう。
 表面的には占いかな。
 どう考えてもラブですけど。

 そんなせつなさん、今回は嫁(いや夫かな)のお見舞い。
 見所は見事に墓穴を掘るシーン。
 「占いは生きている」→「私たちと一緒だね。好きになったり嫌になったりどんどん変わっていっちゃう」
 このあとの微妙な表情が素晴らしい。
 ラブに嫌われる方に変わる可能性もある、と……。
 あとは「強い絆」に嫉妬するとことか。

 ところで、アカルンがイースとミユキの間に立ってどちらに行こうか悩んでるような描写がありました。
 普通に考えて、まだ覚醒してないから誰のとこに行けばいいのか分からないということですが……。
 一瞬、もしかして2人ともプリキュアに!?という考えが。
 同じアイテムで2人とも変身することができて、片方が都合の悪いときはもう片方が、とか。
 リバーシブルヒロイン(ヒーロー)っていうのは新しいかも。
 いやただの妄想なんですが。

 小ネタ。
 目出しカオルちゃん。何かかっこいいじゃないか。
 空中にあるほうが汚れないと思うけど……。
 そんなときこそ浮遊能力を使うべきでは……。
 敵がピーマンにしか見えない。

 そして次回は必見。予告だけですごいと分かります。
 エンドカードもすごかったですが。

スポンサーサイト

フレッシュプリキュア!第20話「ダンスとプリキュア…どちらを選ぶ!?」

 なんだかみんな妙に色っぽい!な回。

 まさか過労で倒れるとは……。
 せつなが心配したのも無理はないですね。
 「私の忠告を聞かなかったことを後悔させてやる」ですから。
 心配だから体を張ってでも止める、と。
 そして二兎を追っているのはむしろイースの方ではないかという。
 ラブとラビリンス、どちらを選ぶ?
 そんなラブせつ回でした。
 ところで、何で今回の触手は腕止まりだったの?

 小ネタ。
 とびますとびます!
 ラブの肘が鋭利な刃物に……。
 面と向かって注意できないヘタレなタルト。……なかなかのごくつぶし。
 イースもピアスつけてるのね。
 幻聴だと……?

 次回予告~エンドカードの流れがミスリードする気満々だ!
 東アニの思うようにはいかないぞ!
 ……えっ、来週休み!?
 なんてこった!東アニの思うつぼだ!

フレッシュプリキュア!第19話「新たなカード!イースの新しい力!!」

 やっとダンスが話に絡んできたけどなんかこの一話だけで消化できそうな気が……な回。

 イースの悲愴な決意と、それがびんびん伝わってくる素晴らしい作画が見所の今回。
 といいつつも、真の見所は公然触手SMプレイです。
 こういうの見た子供が将来……なことになるんでしょうね。

 それにしても、あのカードは本当に辛そうです。
 あんな極悪カードを女の子に渡すのは他の二人が頼りないからなのか、それともイースの忠誠心を上手く利用しているのか……。
 今回やけにメビウスへの忠誠をアピールしていたのは、自分に言い聞かせているように思えました。
 改めて確認して自我を保っているのでしょう。今のところイースのアイデンティティーはメビウスへの忠誠だけですから。

 逆に言うと、再確認しないといけないほどラブに魅かれているということですが。
 ペンダントを捨てようとするも、ラブに声を掛けられた瞬間目にも留まらぬ速さで掛け直してものすごい嬉しそうに返事をするという、わーせつなさんじょゆうだえんぎはだー、とか。
 ていうか、ちょっと拗ねてみせて相手の気を引こうという魂胆でしょうか。
 うーん、さすが女優。さすが演技派。
 リンクルンに触るとなんか光ってキモイから奪うのは諦めたはずなのに、今までずっとペンダントを持ってたなんて……絶対捨てる気なんて無かったよなー。
 とにかく、このときの「ラブぅ!」がもう嬉しそうで嬉しそうで……良い!

 そして、前回からの「4人目登場」カットは徐々にこちらを向くという趣向。
 そういえば追加の「プリキュア」は初ですか。
 だからこその優遇なのかなぁ。

フレッシュプリキュア!第18話「プリキュアに会いたい!小さな女の子の願い!!」

 泣く子と児童には勝てぬ……な回。

 久しぶりの弟登場ですがまったくの空気です。
 みんなを病院に呼ぶための道具でしかない。
 美希の姉バカぶりだけが印象に残った、ということで。

 今回のメインは女の子のためにがんばるプリキュアでした。
 さしものラブも幼女には勝てず。
 そしてミキブキもラブの笑顔には勝てず……と。
 しかし、プリクラをするヒロインというのもなんというか……足だけ出てるとことか、ちょっとおかしげな画ではあります。

 さて今回も西さんです。
 出てくる意見は的外れ、もはや仲間に見放され……といいところのない西さん(それでもヒントをくれるなんていい人たちだ)。
 さらに今回は目立ちたがりであることが発覚し、どんどんお調子者要素が付け足されていってます。
 最高の作戦=自分が前面に出て目立つ、ということなんでしょうか。
 戦闘自体はいつにもまして怪獣(映画)っぽくて良かったんですが。
 ところで今回のナケワメーケって地デジ批判?

 小ネタ。
 赤ん坊にじっとしてろというのも酷な話。
 妖精、動物歩きしてるけど……。
 あのクマちゃんと目鼻口があったのね。
 ぬいぐるみと戯れるシーンがなんか臨死体験っぽい……。
 最後の手の振り方はなんなんだろう……。

 百合キュアのコーナー。
 ラブの肩をつかんでくっつく美希。
 それを見て異常な拍手をするブッキー、それは「離れろ!」の合図?
 最終的にチカシフォでしょうか。

 最近気付いたんですけど、ラビリンスって3悪なんですね。
 3悪ならプリキュアと馴れ合ってギャグキャラ化するのも当然ということか……。

カウンター
プロフィール

Author:田中
アニメ最貧国・秋田在住。視聴環境は主に衛星とソフト。
百合とか咲-Saki-とかガルパンとかプリキュアとか特撮とか。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。