スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュプリキュア!第50話(終)「笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲットだよ!!」

 み、南さん!?な回。
 最後だからはっちゃけちゃったか……。

 いよいよ最終決戦も大詰めです。
 なんですが……何だ、あのいっぱいメビウスは!?
 わらわら湧いてきてギャグとしか思えないよ!
 最後に笑かしてくれるぜ……!
 西「これからは自由に生きさせてもらう」……お前はずっと自由だ!だし。
 西南が普通にプリキュアっぽく混じってたのもおかしかった。

 そして、戦い終わって……。
 さっきまで管理されてたはずなのにもう普通に仕事してるよ!とかは、置いておいて。

 数日後にもうダンス大会決勝……タフだ。
 しかし、皆この4人がプリキュアだと知ってるわけで……まともな審査ができるのかどうか。
 あと、踊ってるのEDのダンスということは……まさか、『らきすた』と同じ終わり方とは。

 そして重大発表。
 せっちゃん帰っちゃうの!?
 ラブと一緒に住んでてよー……。
 でも、最後の聞こえなかったセリフが「愛してる」だと妄想すると楽しい。

 最後に大輔死亡フラグ回収→返事をうやむやにされる(終わり)。
 本人からすればたまらないでしょうが、多分これはラブの優しさではないでしょうか。
 いい返事はできないけど、うやむやにしておけばまだ自分を好きだという可能性が残って生きる希望がわいてくる、と。
 実はそれが一番残酷ですが。
 いや、決勝前にこんな話をして気持ちを乱した大輔への制裁かも……。
 と、こういう風に、いろいろな可能性を見出せる決着の付け方でした(普通に考えたら、・・・ですが)。

 というわけで何とか新作前に全部見終わり、明日から『ハートキャッチプリキュア!』です。
 明日明後日は出掛けるので見れませんが。
 予告からすると、何か噂以上に『どれみ』っぽい?
 でもちょっと個人的には好きそうな作風かも。

フレッシュプリキュア!第49話「驚きの真実!メビウスの本当の姿!!」

 ハート空間にメビウスがすごくシュールな回。

 メビウスの正体、それは……コンピュータ!
 80年代か!
 ネットワークの頂点にあるマザーコンピュータ……。
 自我を持った機械の反乱……。
 巨大な頭のホログラム……。
 なんでこんな昔のSFを入れてくるんでしょうか。
 かつてのラビリンスは、さらに時代を遡った感じのレトロフューチャーだし。

 あと西南復活。
 白くなってもいつもの西さん!
 デリートホールの中は、何かデブリかアステロイドベルトって感じですね。
 やっぱりSFか。

 そして今回の見所(?)、邪悪な4人+イース。
 声がメビウスっていうのがあれですが、まぁ良し。
 一番良い表情だったのは、やっぱりイースでした。
 年季が違うね。
 これで戦ってくれればなお良かったんだが……。

フレッシュプリキュア!第48話「最終決戦!キュアエンジェル誕生!!」

 ミクミクニシテヤンヨの回。

 熱いです。
 ものすごく熱いです。
 もうドラゴンボールか劇場版です。
 まさか手で直に力をぶつけるとは思わなかった。
 そしてキュアエンジェル誕生!
 でもなんでベリーだけ羽根が堅そうなの?

 あと西南が復活。
 驚きの白さ!

 百合キュアのコーナー。
 幼女のピンチには必ず駆けつける!それが桃園ラブ!

フレッシュプリキュア!第47話「世界が変わる!ドーナツが起こした奇跡!!」

 数字はそのままなんだ、な回。

 全世界管理成功!
 その割に、地盤であるラビリンスの国民はドーナツ一個で管理をはずれてますが。
 もしかして灯台下暗しという教訓を盛り込んであるのか?
 皆いきなり裏切るんでびっくりしました。
 こういう唐突な展開は……やっぱり赤尾でこ!
 書くなとは言わないけど重要回はやめて……特に最終決戦とかは……。

 百合キュアのコーナー。
 幼女を虜に!それが桃園ラブ!

 小ネタ。
 ノーザ……さん……?え……?何この牛の化け物……?

フレッシュプリキュア!第46話「サウラーとウエスター 最期の戦い!!」

 全然なりすませてないよ!な回。
 服は関係ないの?

 いよいよ最終決戦の開始です。
 ベリー・パッション対サウラー・ウエスター。
 ウエスターがかっこいいじゃないですか!
 ……と思ったらいきなり何言ってんの!?
 「ドーナツ自分で作って食う」って……全然管理されてない!
 そして、変わり身の早いこと。
 イース→パッションほど細かく描けとは言わないけど、改心するのがちょっとあっさりしずぎかも。
 いや、キャラ的には十分だと思いますが、見てる方としては、ね……。

 百合キュアのコーナー。
 少女(幼女)の危機は必ず助ける!それが桃園ラブ!

 小ネタ。
 大輔死亡フラグ回収→ラブに思い出してもらえない(続く)。
 ノーザの森の入り口に巨大なぜんまいが。
 ベルトコンベアーからシフォンのところって、どうやって行けばそんなことになるの?

フレッシュプリキュア!第45話「4人はプリキュア!クリスマスイブの別れ!!」

 怪獣総進撃か!な回。
 ニューヨークが!パリが!カイロが!東京が!

 プリキュアであることを告白って、何かすごい展開だなぁ。
 まぁ掟を破っても罰則ないしね……。
 結局、保護者会議にミキタンの父親は出てきませんでした。
 そしてミキタンの弟が、結構おいしい役どころ。

 ラブと大輔の別れ……何か普通に恋人みたいな演出……。
 やめて!
 でもその後のフリみたいな感じにも見える。
 全員集合、のところにいた方がかっこよかったかもしれない。
 あと大輔の死亡フラグ回収→ラブが死ぬか生きるか分からない状態で返事を待ち続けないといけない(続く)。

フレッシュプリキュア!第44話「妖しき草笛!奪われたシフォン!!」

 カオルちゃんがダンス……中の人ネタか、な回。

 ダンス大会だそうです。
 ちゃんと回収してきましたね。
 もう、いつのことよって感じですが。
 姉の甘言に乗せられ、大輔たちも参戦(いじめ?)。
 みんな動機が不純だ!
 結局、予選通過者は多分歴代プリキュアの皆さん。
 そりゃあんな短期間の練習で勝たれてもね。
 そして、死亡フラグを立ててしまった大輔は死ななければならないのです。
 まず、空気読めずにピーチに話しかけてしまい、冷たくあしらわれる。
 次に……(続く)。

 小ネタ。
 エロいノーザさん。キスするのは基本ですね。
 南国少女風のミキタン。
 西南、日本野鳥の会。
 敵はシャア専用ズゴック。赤くないけど、角が……。
 この草笛はギルの笛か。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第5話「4月20日 オンナノコのきもち/1月31日 まっすぐな言葉」

 珍しく吉野屋先生が怒られてない!な回。

 Aパート。
 体操してるだけなのになんというデート会話。
 やっぱり宮子が男役なのね。
 そして、似た者カップルという。
 二人して太らないように……宮子は太らないだろうな。
 一方の先輩夫婦は、やっぱり先輩夫婦という。
 ちゃんとヒロさんの扱い方を心得ている沙英。

 あと、せっかくいいこと言ったのに誤解される吉野屋先生。
 でも別にセクハラでもいいと思います。

 そしてオチもなく終わる。

 Bパート。
 なぜクラーク博士?
 今回はシャッフルとかしないで、伏線はその回のうちに回収するんですね。
 あと、進路とかそういう話が多いと。
 キャラの成長も描いていきたいということなんでしょうか。

おおかみかくし 第5話「暴走」

 ギャグとか入れなくていいから!な回。
 しかも唐突に……。

 ああ、アニキ死んじゃった……。
 残念!
 でも最後の動きがものすごかったです。
 それにしても家族うかつすぎるだろ……。
 窓とか最初に封じるところじゃないか?
 あと両親のセリフから、ある程度の年になると狼化しなくなるのかなぁと思った。

 そして本編では、博士が狼退治の現場を見たことを言ってしまいましたが。
 こういうの言っちゃった人って……。
 というかこういうの言っちゃう人って……。
 あと、何となくかなめが怪しい感じがしました。
 全部知ってそうな……。

バカとテストと召喚獣 第5問「地図と宝とストライカーシグマⅤ」

 学園長なのに普通の車かつ自分で運転……な回。

 今回は鉛筆もバトル演出ですね。
 ただ転がしてるだけなのに。
 それにしても、こいつ中一なのに中二病だ。

 ホモまた。毎回出るのかな?
 ムッツリ2号ですね。

 ギャグいいんですけど、三手に分かれて探すシーンがちょっと長い気がした。
 変化はつけてあるけど、基本走ってるだけだから……。

怪談レストラン 第11話「誰のコート?/幽霊屋敷/背中に手のあとが」

 なぜ背景が花柄になる?な回。

 Aパート。
 謎のコートは座敷童かも……って、お前は何を言ってるんだ。
 外国の妖怪なら「座敷童」ではないよなぁ。
 ラストは一反木綿って感じだった。
 あと普通にこの世界でも『怪談レストラン』やってるんですね。
 それと、ふくれたお母さんが可愛い。ぷっくりかれん?

 Bパート。
 遊園地に誘ったのがショウからなのかアンコからなのか、それが問題だ(byレイコ)
 レイコ、全然アンコの隣に行けてないし……。
 ていうかお化け屋敷の組み合わせがショウアコですらないという。
 でも狐耳のアンコが見れたのでレイコさんも本望でしょう。
 ところで、レイコ普通に怪異を目の当たりにしちゃったけど……。

 Cパート。
 「僕が幽体離脱したときの……」ってどんなフリだ。
 体に戻れなくてわたわたしたときの感じとか、もうギャグとしか……。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第5話「山踏ミ・世界ノ果テ」

 フィリシア黒いのは公式なのか……な回。

 新任者の恒例行事。
 なぜノエルまで?と思いましたが、配属はもっと前でもこの点検はやってない、ということですね。
 あと、なぜカナタが壁をよじ登れたのかという。
 レイプ目になるほど重かったのに……。

はなまる幼稚園 第4話「はなまるなデート/はなまるなお手伝い」

 EDが一番動いてる、な回。

 Aパート。
 泥団子が崩れるのがいいですね。
 あと内P。

 Bパート。
 山本先生とツッチーの格の違いが……。
 そして再び百合時空発生!

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第4話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」

 貨幣が江戸時代!な回。

 カールがカナタのことを「職人」と言ってますが、完全に天才です。
 あんなアドバイスで普通は吹けないよ。
 そしてフラグ立ての天才でもあった。
 なぜ手を握る!いいぞもっとやれ。

 あとマリア様のステンドガラスが。
 これも八百万の神の一柱?

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第3話「隊ノ一日・梨旺走ル」

 おみくじクッキー……な回。

 リオの過去が少し明らかに。
 瀕死の母親を騙すインチキ霊能者ね。
 オカルト嫌い、というか心霊商売嫌い。
 上岡龍太郎みたいな。
 前回の幽霊に対する態度もこういう背景があったからか。
 自分の信念を曲げてカナタを助けるという、部下思いの描写ですね。

 個人的には枕屏風がすごいと思った。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第2話「初陣・椅子ノ話」

 黒電話……な回。

 辺境の地の隊ということで、ゆる~い雰囲気。
 クレハがカナタを案内するところも軍隊ごっこみたいな……。
 そんな二人の初陣は幽霊を調査すること。
 やっぱり緩い!
 まぁ兵舎に怪談は付き物ですね。

 で、調査する場所はずっと手付かずの廃墟。元は学校。
 すごい昔のもののはずなのに結構そのまま残ってますね。
 木の部分とか残らないと思うけどなぁ。
 するとそんな昔のものでもないのか?
 ま、こうなると学校も遺跡ですね。
 ところでこのときの雷の演出が……。内容的にはほのぼのな感じなのに……。

 結局幽霊の正体はふくろう。
 リオには威嚇したけどフィリシアに対しては細くなったということは、フィリシアには勝てないと思ったということですかね。
 やっぱりフィリシア最強か。
 明らかにそういうキャラだもんなぁ。絶対黒いし。
 リオは、そんなフィリシアと夫婦な感じですが。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」

 うーん、EDが……な回。
 歌自体がどうとかではなくて、本編とのマッチング的な意味で。

 何だかいろんな文化が混ざってるんですね。
 世界崩壊後、復興した世界という感じ?
 日本文化が強いような気がします。
 建物とかはヨーロッパですが。

 最終的に炎の乙女になってあの魔物と戦うんでしょうね。
 ていうか骨残ってるのがすごい。
 まさか「死んでもラッパをはなしませんでした」にはならないだろうな。

 あんまり期待してなかったんですが、結構面白そうでした。
 空気感とかちょっとジブリっぽいところもあった。

バカとテストと召喚獣 第4問「愛とスパイスとお弁当」

 お残しは許しまへんで、な回。
 美波はなぜ弁当を中途半端に残して、そしてそれを捨てようとしたのかと。

 内容的には特に言うことが……。
 まぁ、新キャラ出ましたねーとか。
 普通にいい話で、普通にラブコメだった。

 そしてホモまた。
 この学校こういうのばっかりか。
 あんまり頭良くは見えない。

バカとテストと召喚獣 第3問「食費とデートとスタンガン」

 団地妻が優遇されてる、な回。
 ロマンポルノでも上映してるのか。

 翔子さん、いいですね。
 気絶してても二人並んでたらそれでいいのかとは思うけど。
 その他ホモキャラ面白いし、福原先生のゆったりした感じがいいし、結構好きなキャラが多い。

 ところで今回はナベシンがやってたんですね。
 前からこういうノリだから気付かなかった。
 というか本人が出てこなかったから気付かなかった。
 はれぶたと「アフロ伝」はそういうことか。

 あとCMの「2010年最も熱くバカなコメディ No.1挑戦作品!?」って。
 コメディNo.1なら「アホ」じゃないかと。
 作品的にしょうがないですけど。

バカとテストと召喚獣 第2問「ユリとバラと保健体育」

 SFアロンアルファビーム!な回。
 でも瞬間接着剤で机の脚は無茶だ。

 2話目にしてすでにモテモテですね。
 百合がイメージ画像だけで残念。
 美春は……まぁいいや。
 むしろBLが面白かった。
 こういう感じのギャグアニメには、百合はあんまり求めないです。
 あとムッツリーニが大活躍だった。
 こいついいなぁ。

バカとテストと召喚獣 第1問「バカとクラスと召喚戦争」

 あれ、シャフト?な回。
 と思ったら、監督がシャフト作品でよく見た人だ。

 これこれ、こういうノリを求めてたんですよ。
 ギャグが切れてていいですね。
 ただ、成績による振り分けが先進的ってなってるけど、イメージ的に戦前の学校……。
 あと召喚戦争になると授業つぶれるのはどうなんだろう。

 戦闘シーンについて。
 深夜アニメなのに演出がニチアサ的で新鮮だった。
 カードバトルものみたいな。
 あと、召喚シーンは全部元ネタがあるんだろうなぁ。
 とりあえず美波は『咲』最終回の照ではないかと思うけど。
 秀吉はセーラームーン?プリキュアではないと思うけどよく分からない。でも前に見た気がする。

カウンター
プロフィール

田中

Author:田中
アニメ最貧国・秋田在住。視聴環境は主に衛星とソフト。
百合とか咲-Saki-とかガルパンとかプリキュアとか特撮とか。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。