スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『艦隊これくしょん -艦これ-』第3話「W島攻略作戦!」

 (2015.1.26/1:55~2:25/秋田テレビ)


 途中までレズだ~レズだ~って見てたんですけどね。
 ついに戦闘シーン、そして轟沈。


 非常に劇的なはずなんですけど、何か盛り上がらないというか……。
 やっぱり3Dで何かペラペラしてるのがいけないんですかね。
 ちょうどAT-Xでやってるストライクウィッチーズ見てるので、余計にそう感じるかもしれません。
 あの3D絵みてると、コミPoを思い出してしまいます。


 やっぱりGONZO(五組)が作るべきだったんや……。
 というかちょっと前なら絶対GONZOが作ってただろうなと。


 まあ、今回の一番の見どころはお守りなんですが!

 二番目は弓が戦闘機になるとこ。
 あんなの見せられたら、もう弓の持ち方とかどうでもよくなりますよね。
 ああいう奇想天外なイメージを戦闘シーンでも見せてくれたらなあ……と思います。

スポンサーサイト

テーマ : 艦これ 艦隊これくしょん
ジャンル : アニメ・コミック

『艦隊これくしょん -艦これ-』第2話「悖らず、恥じず、憾まず!」

 (2015.1.19/1:55~2:25/秋田テレビ)

 見ました。
 録画再生して……右上の秋田テレビ地デジマークを確認……画面に映る艦娘……本当にやってる!
 秋田で深夜アニメやってる!
 という軽い感動。


 内容的には日常ほのぼのという感じでしたが、きっとこれから激烈な戦闘になっていくのでしょう。
 ただ、訓練シーンが3DCGでした……。
 訓練シーンとか、戦闘シーンとかの動きの多いようなところは3DCGでやっていく方針?
 もしかしてアルペジオからアレしたのか。

 うーん、やっぱり2D絵がいいんですけどね……。
 メカとかなら、まあしょうがないかと思いますが。
 もしかして「艦娘=戦艦=メカ」ということの表現なんですかね。
 それでもやっぱり、キャラクターは2D絵がいいなあ……。


 そして。
 こ、これが大北……!(書物でしか知らなかった西洋文明に初めて触れた江戸時代人並の感想)


 あと、CMに注目してました。
 せっかくのローカル放映なんだし、ローカルCMとかやらないかなと。
 しかし提供は角川・ブシロード・dアニメストアなどなど……。
 これじゃBSと変わりないじゃないですか!ンモー!
 新妹魔王の契約者に至っては「最新8巻ではテレビ未放映のオリジナルアニメ同梱版が発売」とかいって、秋田じゃそもそも本編がテレビ放映してないよ!という……。

 (2015.1.26追記)
 第2話を第1話と勘違いしていたのでタイトルを変更しました。
 つまり第1話を録り逃してたということですね……。
 話の内容までは触れずに全体的な感想だったので本文はそのままです。

テーマ : 艦これ 艦隊これくしょん
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」秋田で放映(衝撃)

 なんとアニメの艦これが秋田でやるようなんですね。
 日曜深夜25:55~秋田テレビで放映とのこと。
 これは事件ですよ。


 なんたって秋田は有数のアニメ最貧国ですから、深夜アニメなんて夢のまた夢なのです。
 全国共通アニメの他は、テレ東の週刊誌原作アニメと子供向けアニメがちょこちょこ放映される程度。
 ノイタミナはやってますけど、深夜とはいえ全国共通アニメだし。
 あと「HUNTER×HUNTER」もあるけど、純粋な深夜アニメではないし。


 ちなみに艦これ以前に放映された(いわゆる)深夜アニメというと、知る限りでは「ヤミと帽子の本の旅人」なんですね。
 2003年ですよ。
 12年ぶりかよ。
 干支一回りかよ。


 かように衝撃的な艦これ放映なんですが、もしかして↓これと関係があるのかな?と思ったり。

   「クール秋田を国内外に発信 KADOKAWA、県と連携協定」
   http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140327_43007.html

 どうなんですかね。
 というか、これの続報がないんですよね。何かやってるんですかね……。やってるといいな……。


 (ヤミ帽は夜に目が覚めて、たまたまテレビつけたらアニメやってて「何だこれ!?」ってなった思い出があります) 

テーマ : 艦これ 艦隊これくしょん
ジャンル : アニメ・コミック

よっ!ほしみ屋!~「劇場版アイカツ!」感想

 北大路さくらさんの一声にこの映画の全てが凝縮されていると思いました。
 本物の歌舞伎みたいに、「ほしみ屋!」と声を掛けながら見たいですね。


 本編ですが、規模こそ大きくなっているものの、構成・展開とか話の印象はほとんどテレビと同じなんですね。
 悪人は出ないし、つまづき(歌を作ってもらえるか?)も自力で克服。
 唯一の障害はドレスが間に合わない!くらい(これってエンジェリーシュガー的にどうなんですかね)。


 それでも映画を見たっていう感じがするのは、ライブシーンの迫力(と、量)なのかな?と思います。
 キャラ声3D映像というちょっとした特別感もあり。
 もっと尺があればより映画らしい話になったのかなあと思いますが。


 内容的には「つなぐ」物語という感じでした。
 美月さんからいちごへ、いちごからあかりへ。


 普段テレビ見てるときは百合だ百合だ言ってるわけなんですが、あんまり百合という感じはしなかった。
 高みを目指す者への憧れというか……花音さんはまあ「片思いみたい」だって言ってましたが、恋愛感情ではなく。
 あかりの「いちご先輩の美月先輩への想いはわかる、だってそれは私も同じだから」ですね。
 (ただし、あかり→いちご、いちご→美月は同じかもしれないけど、美月→いちごの感情は同じではないかもしれない……)


 ところで、ライブ会場以外ではドリアカの面々が一切登場しないのが「スターライト学園公式メイキング映像(プロモーション映像)」という感じがして趣深かったです。


↓闇
(あおいと蘭が差し出したいちごパフェを二つとも一口でほおばるシーンが暗喩すぎる……)

テーマ : アイカツ!
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

田中

Author:田中
アニメ最貧国・秋田在住。視聴環境は主に衛星とソフト。
百合とか咲-Saki-とかガルパンとかプリキュアとか特撮とか。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。