スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレフィナーレ Leçon 3

 目をそらすのは嘘をついてるとき、な回。

 のだめリサイタル。
 安全ピンが飛ぶところはアニメの方がいいですね。
 原作(18巻)だと、ピンが飛ぶ→執事の焦った顔→ピアノを弾くのだめの後ろ姿→のだめの後ろ姿(トーン処理)となってます。
 マンガでも動じてないように描かれてはいるんですが、アニメのように集中して一心不乱に弾いている様子とは思えない。
 トーンのせいで、一瞬心がくもったみたいになっちゃってるんですよね。
 普通に弾いているコマの次に置かれているので、心理描写=時間が止まった表現に見える。
 アニメだと、ピンが飛んだ後も止まることなく演奏が続くので、ピンのことなんか気にも留めていない感じが良く出ています。
 この辺は音を付けられるアニメならでは、でしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

田中

Author:田中
アニメ最貧国・秋田在住。視聴環境は主に衛星とソフト。
百合とか咲-Saki-とかガルパンとかプリキュアとか特撮とか。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。