スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

 ミニトマトがキモイ……な回。
 角のつもりだったのかなぁ。かたつむり的な謎の生物にしか見えなかった。

 今回はフィリシアの思い出編です。
 戦時中の話ですね。
 「死んでもラッパをはなしませんでした」っていうのは、やっぱりやりたかったのかなぁ。
 BGMにラッパがかぶってたのはちょっと……だったけど、不協和音で暗示するとかそういう?

 あ、どうも戦争は二回あったみたいですね。
 旧時代の戦争というのは、未知の侵略者的なものと人類の戦いだったのかな?
 あの兵隊さんは、多分佐藤信市という名前ではないかと……他の部分はよく分からなかったけど。
 それにしても、ここでも戦争の記憶は夏なんですね。

 あと宗教について。
 中央はキリスト教に近くて、地方にいくほど現地の民間信仰とか土俗的なものと習合していく、ってことなんでしょうか。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。 戦火のなか生き残り、瓦礫の山と化した街をさ...

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

田中

Author:田中
アニメ最貧国・秋田在住。視聴環境は主に衛星とソフト。
百合とか咲-Saki-とかガルパンとかプリキュアとか特撮とか。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。